高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法は、近年新しいがん治療法として注目されています。

2005年にアメリカ国立健康研究所、国立ガン研究所、国立食品医薬品局の科学者達は共同で「高濃度のビタミンCはガン細胞を殺す」という論文をアメリカ科学アカデミー紀要に発表しました。
 続いて、2006年3月には高濃度ビタミンC点滴療法で長期生存を続けている3人のガン患者さんについて、カナダ医師会雑誌に論文が発表されました。さらに2007年には「高濃度ビタミンC点滴療法がガン患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善し、QOL(生活の質)を改善する」と韓国医師会雑誌に論文が発表されています。

 現在、アメリカやカナダの多くの医師らが高濃度ビタミンC点滴療法をガン患者に取り入れ、この治療を受ける患者の数は急増しています。



高濃度ビタミンCの抗ガン作用のしくみ

ビタミンCが高濃度になると、ガン細胞の周囲で鉄などの微量な金属と化学反応を起こし、過酸化水素を生成します。正常な細胞はカタラーゼという酵素がこの過酸化水素を中和するので、影響をまったく受けません。
一方、ガン細胞の多くはこのカタラーゼが欠乏しているために過酸化水素を中和できずにダメージを受けて破壊されてしまいます。すなわち、ビタミンCは高濃度になると栄養素ではなく抗ガン剤として働きます。
正常細胞には作用を及ぼさないため、副作用は少ないと言われています。

高濃度ビタミンC点滴療法のアンチエイジング・美容効果

ビタミンCはミトコンドリアの機能を正常化し、免疫システムを刺激し癌や老化の予防(アンチエイジング)に役立つと言われています。
また、ビタミンCには抗酸化作用、美白効果、コラーゲン生成促進作用、保湿作用が認められており、シミや色素沈着の改善予防、素肌のハリ、保湿の向上、また疲労回復、免疫力の増強が期待できます。

高濃度ビタミンC点滴療法の費用

健康保険の適応外のため自費診療となります。

費用については投与量(25g~100g以上)や添加薬剤により変わってきます。詳細はお問い合わせください。
なお、アンチエイジング目的での点滴については25gで8,800円となっております。